.

Phone 049-248-4150


子供の矯正治療について


ここでいう子供の治療とは、「乳歯が存在する歯並びの時期」 の治療のことで、

基本的には小学生が対象となります。








子供の歯並びの矯正治療を検討する上で大切なことは 「成長があること」 と 「骨格的な問題の存在」 です。

成長を利用すると治療が楽になるとか、治療を早く始めるほど良い結果が出るという考え方もありますが、

子どもの治療はそんなに単純なものではないと考えております。

成長は小学生のうちに終わるものではなく、高校生ぐらいまで続くものだからです。

そして、成長があるがゆえに治療が難しくなる場合もたくさんあるからです。

大切なことは、お子さんがどのような問題を抱えていて、それが成長とどう関係していくかを見極めたうえで、

患者さんお一人ごとに最適な治療計画を立てさせていただくことであると考えております。

ですから、モモ矯正歯科では子どもの治療は慎重に行っております。

そして、治療を開始する時期も慎重に検討させていただいております


 

 


子供の治療においては、歯並びが非常に悪くて直ちに始めなければならない場合もありますし、

ガタガタがあっても中学生ぐらいまで待って始めたほうが良い場合もあります。

骨格的な問題がある場合には、治療はより難しくなります。

無理な力をかけると、あごの関節やあごの骨、歯の根に大きなダメージを与えることがあります。

「いつ治療を始めるか」、「どのような治療法法を選択するか」ということは非常に難しい問題ですので、

まずは、歯並びが気になった時点で一度ご相談いただくことが望まれます。












子供の歯並びでは、特に注意が必要な悪い状態があります。

そのまま放置すると、歯や歯周組織やあごの骨に大きなダメージを与えることがあります。

なるべく早く精密な検査を行い、治療が必要かどうか判断することが望まれます。



<顎の骨の骨格的な問題>




<歯の生え方の問題>




<舌の動かし方の問題や、指しゃぶりや唇を咬む癖などが関与している可能性がある問題>




上記にご紹介したもの以外にも注意が必要な場合があります。

大切なことは、危険な歯並びのサインを見落とさないことです。

お子さんの歯並びで少しでも気になることがございましたら、ご相談していただくのが安心です。

矯正専門医の立場から見た歯並びの問題と、

お父さんお母さんが気にされている歯並びの問題には、

ズレがあることがしばしば見受けられます。

どんな歯並びのときに注意しなければいけないのかというのは、なかなか難しいことですので、

何か気になることがあったらご相談いただくことをお勧めいたします。